ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうきびの映画備忘録

映画好きの大学生が、観た映画の感想を自由気ままに書くブログです

映画『007 カジノ・ロワイヤル』感想

――最初の任務は、自分の愛を殺すこと。

007 カジノ・ロワイヤル(2006年)

 

 

こんにちは、燈希です。

ブログを立ち上げて最初に感想を書く映画を何にしようかとても悩んだのですが、もう勢いと直感で決めてしまおうと思いまして、この作品を選びました。

つい最近にDVDを買ったからっていうのが大きいんですがね(笑)

 

さて今回感想を書いていきます作品は『007 カジノ・ロワイヤルです。

世界的に有名なスパイ映画『007シリーズ』の第21作品目にして、6代目ボンドであるダニエル・クレイグジェームズ・ボンドを演じた初の作品であり、シリーズ初の「金髪のボンド」として注目を集めました。

 

率直な感想としては、とても内容が詰まったボリューミーな映画だと思いました。

激しいアクションシーンはもちろんのこと、ポーカーでの静かな心理戦、ボンドガールとの恋愛のシーンなど、一つの作品の中で見所がたくさん詰まっていたと思います。

 

あとやっぱりダニエル・クレイグが演じるボンドはパワフルでマッチョな肉体派でしたね(笑) 敵を追ってブルドーザーで工事現場に突っ込んだり、敵が華麗に壁をすり抜けたと思いきやボンドは壁を突き破り、たくさん走り、たくさん殴ってたくさん蹴る。

 

逆にその荒っぽさが、今回の殺しのライセンスを得たばっかりで彼がまだ完成形ではないということを表し、更には知的なヒロイン(ヴェスパー)とも対をなし、パズルのピースのように二人が徐々にかみ合っていく過程を描けたのではないかと感じました。

 

ベネチアでの別れのシーンは泣けましたね。

ボンドが辞職のメールをMに送ったあたりからなんとなく薄々感づいてはいたのですが、それでもいざ最期が近づいてくると結末が予想できてても泣けてきます。

ヴェスパーがボンドの手にキスする瞬間は、儚さと同時に美しさも感じました。

 

お気に入りの台詞

「ボンドだ。ジェームズ・ボンド

 

足を撃たれもがき苦しむ敵の前で、H&KUMP9片手に自らの名を名乗るラストのシーン。

「これぞ007!」って感じたので挙げました。

 

 

感想書くのってほんとに難しいですね(笑)

むしろ最初にこの映画を持ってきたのはマズったかもしれないです(笑)